• 参拝される皆さまへ
  • 神仏霊場(和歌山)11番
  • 伊勢音頭の会、参加者募集
  • 交通アクセス
  • お問合せ
  • 季節の写真
    スマートフォンでご覧いただけます。
過去の記事
  • 2012年
  • 2013年

雪が積もりました




平成29年2月3日(金)午前11時 節分祭

当神社は古くから節分には氏子崇敬者の方が家庭より豆の入った一升枡を持ち、 当神社で豆まきを行い、福豆を賜ばる風習があります。
また同時に、厄祓いの御祈祷を行っておりますので、社務所までお申し込みください。
※福豆を授与します。
(数に限りがあります)

平成29年3月8日(水) 旧初午
平成29年3月20日(月) 二の馬
開運厄除け祈願奉修

御祈祷受付中です。

酉歳大絵馬


平成28年12月4日(日)、酉歳大絵馬(申歳よりの引き継ぎ)を奉納いたしました。

高野山開創1200年記念絵馬


高野山開創1200年を記念しまして、当神社オリジナル絵馬「空海と狩場明神との出会いの図絵馬」を奉製し、 頒布しています。初穂料2000円(縦11.3cm横17.6cm)

高野山開創1200年記念本「高野山インサイドガイド」


高野山開創1200年記念本「高野山インサイドガイド」へ高野山と当神社との繋がりについて掲載されています。
『山上へと続く道(のちの町石道)の起点に、空海が高野山造営の庶務政務を司る政所(のちの慈尊院)を開いたのは816(弘仁7) 年のことであった。そのとき、神々の助力により高野山開創に至ったことへの報謝として、その参道正面上段に丹生高野明神社(現在の丹生官省符神社)も創建したのである。』「高野山インサイドガイド」より引用。
「高野山インサイドガイド」は講談社より発刊されています。

獅子頭

文化財に指定されております魔除・厄除獅子頭のパネルを社頭にかかげております。
実物を模して絵馬を頒布しております。

▲ページ先頭へ